XMLDB.jp

XMLDB開発支援
HOME  >  XMLDB開発支援  >  チュートリアル ~ASP.NET(C#編)その1~

チュートリアル ~ASP.NET(C#編)その1~

2004年6月29日 更新


サンプルファイルのダウンロード


XPrioriを使ってのサンプルです。 このチュートリアルではプログラミング言語にC#を使いCOM API経由でXPrioriにアクセスしてみます。


このチュートリアルを実行するには
・ Visual Studio .NET 2003
・ XPriori
が必要です。またASP.NETの実行環境を整えておく必要があります。


Visual Studioの起動


ASP_1_1.gif


「ASP.NET Webアプリケーション」を選択します。 デフォルトだと「http://localhost/WebApplication1」となります。WebApplication1をXpriori1に変更して「OK」ボタンを押してプロジェクトを作成します。


ASP_1_2.gif


プロジェクトの初期画面です。 まず、XPriori にCOM APIへの参照を登録する必要がありますので、「プロジェクト」→「参照の追加」を選択します。


ASP_1_3.gif


「COM」のタブを選択します。


ASP_1_4.gif


XPrioriではなく「NeoCoreXMS 3.0 Type Library」を選択し、追加します。


ASP_1_5.gif


「ソリューションエクスプローラ」に「参照設定」→「NEOCOREXMSLib」が追加されたことを確認します。


さてGUI部品を追加します。以下の3点です。


● xpath 検索式(XPath/XQuery)を入力するテキストボックス

● queryBtn 検索を実行するボタン

● queryResult検索結果を表示するテキストボックス


ASP_1_6.gif


XQueryの入力も考えて、マルチラインにしておきます。IDは「xpath」です。


ASP_1_7.gif


IDを「queryBtn」に変更し、ラベルも「実行」にしました。


ASP_1_8.gif


検索結果表示エリアなので大きくqueryResultを配置しました。


さて、それでは実際に動くようにコードを追加します。
queryBtnのイベントで、DBと接続し遮断していればよいのですが、その場合は毎回COMオブジェクトを生成しなければならないので、Initルーチンの中で追加することにします。まずは、変数の宣言を3つ追加します。


ASP_1_9.gif


ハイライトしている部分です。


次にアプリケーションの初期化ルーチン内にCOMオブジェクトの生成とDBのコネクションを追加します。パスワードは環境に応じて変更ください。


ASP_1_10.gif


最後に「queryBtn」のイベントに対応して、検索を実行し、結果を「queryResult」で表示させます。


ASP_1_11.gif


これで、Buildして実行が可能になります。


後は、実際に動かしてみましょう。
XPrioriのサンプルにあった、cd-catalog.xmlをStoreしてあるので、それを検索します。
URLは http://localhost/Xpriori1/WebForm1.aspx です。


ASP_1_12.gif


XPathを入力し、「実行」ボタンを押すと検索結果が表示されます。


ASP_1_13.gif


今後の拡張

● このサンプルではアプリケーションを一度実行すると、DBサーバで設定してSessionTimeOut時間になるまで、Sessionが残ってしまいます。AP側でセッション情報を管理してから接続するほうがよいでしょう。

● DBへの接続情報がハードコードされていますので、これも改善したほうがよいでしょう。

● 例外処理がされていないので、例えばXPathの書式を間違えるといった場合に対処できていません。C#はVBに比べて例外処理がきちんとできますので実装しましょう。


▲このページのTOPへ

  • 無償で使える!XMLDB「NeoCore」
  • サイバーテック求人情報
  • メールマガジン申し込み
  • TEchScore

  • ▲NeoCoreについて記載されています!

  • ▲XMLマスター教則本です。試験対策はこれでばっちり!
Copyright (c) CyberTech corporation ltd. All ights Reserved. | サイバーテックについて | ご利用ガイド