XMLDB.jp

XMLDB周辺技術
HOME  >  XMLDB周辺技術  >  NeoCoreXMS徹底解剖 2.ProDIX

NeoCoreXMS徹底解剖 2.ProDIX



2004年12月6日 更新 <この記事はDigital Xpress 2004 Vol.20(4-5月号)に掲載されたものです>

2.ProDIX

次にドキュメント制作よりのソリューションとして,株式会社プロフィールドが開発・販売を行なうProDIX を紹介しよう。ProDIX はAdobe InDesign のプラグインとして機能するXML組版エンジンであり,あらかじめフォントやスタイル情報などの「XML スタイリングセット」を設定しておくことにより,データベースのXML データをもとに自動組版のワークフローを構築できるツールである。

Adobe InDesign に関しては,本誌でも特集を組んだことがあるのでご存知の向きも多いと思うが,高品質な日本語組版を可能にするプロフェッショナルパブリッシングソフトである。日本語特有の箱組組版へ完全対応していることに加え,縦中横/割注/ルビといった特殊なレイアウトも難なくこなすポテンシャルを秘めている。またアドビシステムズには,俗に「DTP 三種の神器」と呼ばれるもののうちの2 つ,Illustrator と Photoshop があるため,それらと高い互換性を提供したり,同じようなユーザインターフェイスを兼ね備えたInDesign に対する評価は高い。

また製品全体がオブジェクト指向で設計されており,プラグインを容易に追加出来るのでカスタマイズの範囲が広いことも特徴の一つだ。加えて,XML にも柔軟な取り組みを見せており,段落スタイルをキーとしてXML の世界との橋渡しを実現している。

製品の特徴

ProDIX はそれらの点をなんら損なわず,より一層機能強化できる優れたツールだ。InDesign の足りない部分を上手に補完し,絶妙のコンビネーションを見せている。概観すると ProDIX には以下のような特徴がある。

スタイル一括変換機能

XML をInDesign に読み込んだ際にどのようなスタイル付けするかについて,柔軟な処理をすることができる。これまでのXML タグと段落スタイルの固定化されたマッピングだけでなく,フレームのサイズに合わせてフォントの大きさを変えたりするなど,動的な振る舞いにも対応している。

テンプレート生成機能

一度行なったスタイル設定はテンプレートとして保存することができ,あらゆる構造のレイアウトを設定することにより,効率的な編集作業が実現できる。

組版指示機能

組版指示機能では,要素単位のソート処理やページ指定,テンプレートの処理などを一括して指示することができ,動的な自動組版のワークフローを構築することが可能だ。

表組み作成機能

InDesign 標準機能ではサポートされていない表組みのXML 入出力をProDIX は実現している。XML データから自動で表作成することができ,表セルの結合や自動見出し生成などの面倒な作業を自動的に行なうことができる。

保存・差し替え機能

XML のファイル単位で保存や変更を行なうことができるので,いちいちドキュメント全体の入出力を行なう必要が無い今年はじめにInDesign が2.0 からCS という名称の統合されたバージョンになったのに応じて,ProDIX も3.0 にバージョンアップし,機能の拡充が図られている。さらに,ProDIX には PFX-Editor という姉妹製品もあり,使い慣れた表形式でのXML 構築ができるような環境も用意されている。


NeoCore との連携

さて,前述のようなInDesign とProDIX の製品思想を考えると,それらの製品で扱うデータを格納するデータベースはおのずと限られてくることになる。せっかく柔軟なXML のワークフローがアプリケーションレベルで実現されていても,データ図 2 : ベース側で情報が固定化されてしまうのであれば足かせとなり,ワンソースマルチユースのメリットを生かしきることができない。

そこでNeoCore である。InDesign が吐き出すXML をストレス無く飲み込み,格納してくれる。例えスキーマに沿っていない要素が追加された場合にも,そこで処理を止めることなくとりあえず格納してくれる懐の深さがある。(図2 参照)


図2

ProDIX とNeoCore が連動した場合のメリットについて以下に記述する。

XML ファイル管理

XML ファイル単位・フォルダ単位でファイルシステムとして管理する必要が無い。データ管理は管理ツールで行うことができ,PFX-Editor などをインターフェイスとした管理画面が提供される。

データ検索・選択の容易性

XML ファイル単位でデータを選択する場合,データの検索・選択をファイル名・フォルダ名をベースに行う必要がある。NeoCore と連携することで,データベースに対して柔軟な検索・データ選択を行うことができる。

スタイリング設定・組版設定の共有

スタイリング設定・組版設定もNeoCore に格納し管理することで,スタイルのインポート・エクスポートの必要がなく,ネットワーク上の全ユーザで共有することができる。

このように,ProDIX を仲介役としてNeoCore とInDesignを組み合わせる時,これまでとは次元の違う真のデータベースパブリッシングを実現することができる。


お問い合わせ,資料請求, デモンストレーションのご希望はこちらまで
株式会社プロフィールド
 本社
  〒 541-0045 大阪市中央区道修町三丁目3番11号
         旭光道修町ビル5F
    E-mail:product@profield.jp

▲このページのTOPへ

  • 無償で使える!XMLDB「NeoCore」
  • サイバーテック求人情報
  • メールマガジン申し込み
  • TEchScore

  • ▲NeoCoreについて記載されています!

  • ▲XMLマスター教則本です。試験対策はこれでばっちり!
Copyright (c) CyberTech corporation ltd. All ights Reserved. | サイバーテックについて | ご利用ガイド